1. ホーム
  2. 企業紹介(2019年度)
  3. 九州の魅力が詰まった商品を国内・世界へ。街の賑わいを作る店舗を作り、商品開発もおこなっています

企業紹介(2019年度)

2019.10.28

九州の魅力が詰まった商品を国内・世界へ。街の賑わいを作る店舗を作り、商品開発もおこなっています

株式会社一平ホールディングス

レタス巻き発祥の店として親しまれている寿司店「一平」からスタートし、カフェ・レストランの運営、商品開発、ローカルベンチャーのコミュニティ支援といった事業を展開する一平グループ。
グループの一員である株式会社九州テーブルは「九州パンケーキ」をはじめとする九州全県の素材を活かした商品開発・販売をおこなっており、国内・海外へ商品を広げています。
また、宮崎県・鹿児島県であわせて6店舗の「タリーズコーヒー」を、宮崎市内中心市街地ではカジュアルレストラン「CORNER」を運営しており、街の賑わいを作っています。



一平グループの本社は宮崎市高岡町にあります。
ここはかつて小学校の校舎だった建物を一平グループがリノベーションし、起業家の交流拠点「MUKASA-HUB(ムカサハブ)」として2017年にオープンした施設です。コワーキングスペースやレンタルオフィスがあり、開設以来取材や視察が殺到しています。
次々とチャレンジし成長を続けている一平グループ。次はどんなことを始めるのか、その変化を間近で見ながら働くことができます。